法人カードおすすめランキング

法人ゴールドカードの審査基準とは

法人ゴールドカードを作りにくい時期というのがあります。
何といっても設立間もないころです。設立間もない会社の場合、法人ゴールドカードを作るのは大変です。
経営状況が把握できないため、基本的には、2〜3年たたないと審査に通らないといわれています。
また、2年連続黒字決算で、かつ現時点での経営状況も黒字である
法人を審査基準とするところが一般的です。

なぜなら、法人用ゴールドカードというのは、親カードの他に社員向けの追加カード(子カード)が存在するため、総利用額が非常に大きくなることから、法人カードでも審査基準が厳しく設定されています。
特に設立まもない企業は倒産リスクが高いために、どのカード会社においても審査基準がきわめて厳しくなります。

また、中小企業の場合、法人事業主である代表の方の信用調べもされるのがほとんどでしょう。

そういったところからも、創業からの年数、売上状況等を把握したうえで、どのカード会社なら作れるのかを判断しながら選ぶといいでしょう。

でも、業歴が浅い企業でも発行できるカード会社もあります。
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードは設立1年未満でも作れることがある。







では法人ゴールドカードを取得するには

上記で経営2〜3年以上の企業でなければ法人ゴールドカードの取得は難しいとしましたが、場合によっては、設立後間もない企業でも法人ゴールドカードの審査をパスできる可能性もあります。

経営者が個人カードを持っているカード会社で、個人カードの支払い遅延などの事故暦などなく一定の信用を得ていれば、経営後1〜2年の企業でも法人ゴールドカードを問題なく発行してもらえることがあります。法人化してまもなくの場合でも、個人カード会員として優良会員であると判断され場合など、発行されることもあります。

ちなみに、法人ゴールドカードの審査基準は各カード会社によって高低が大きいので、審査基準が低めに設定されているカード会社を選んで申し込むのもひとつの方法です。



おすすめの法人クレジットカード比較


法人カードの種類


法人カードの選び方


法人カードを比較してみる


人気の法人ゴールドカード一覧


サイト情報